東方神起は親日?反日?その裏付けとなるエピソードをご紹介!民族を一括りにはできないって話

まとめ

皆さんこんばんはMIJINKOblogのjohです。

f:id:ago10:20171211202237j:image

今年、約2年間の兵役を終え活動を再開した東方神起。

先日もFNS歌謡祭にて圧巻のダンスパフォーマンスを見せ話題となりネット上では今更ながらファンになってしまった!なんて声も多くありました。


東方神起 / 「Reboot」MUSIC VIDEO(Short ver.)

そこで新たにファンになった方も含め、韓国出身アーティストを応援する上で否が応でも気になってしまうのが反日感情を持っているのかどうかという点。

中には日本で人気のある韓国歌手でさえも母国で反日発言や反日ソングを歌ったりとその行動が問題となる事もあり、どうしても「韓国」と「反日」は切っても切り離せないものになってしまっています。

自分の好きな歌手が母国で反日行動していた!なんて事がわかったらやはり日本人として応援する気もなくなってしまいますよね。

勿論全員が全員反日というわけでもなく、例えば日本でも人気のあったKARAなんかは親日で有名ですよね。(元メンバーのジヨン(知英)は日本で女優業もしています)

では韓国アイドルの第一人者・東方神起はどうなのでしょうか。

実のところは反日なのでしょうか。それとも親日なのでしょうか。

東方神起は反日ではない

結論から言いますと東方神起は反日ではないでしょう。

どちらかというと親日寄りとも言えるかもしれません。

勿論、本人ではないので断定はできませんがその裏付けとなるようなエピソードはいくつもあります。

いくつかご紹介していきましょう。

①お父さんとお母さん

f:id:ago10:20171211172827j:image

東方神起のチャンミンは韓国のファンに「カシオペア(韓国ファン)とビギスト(日本ファン)、どっちが好き?」と聞かれた際、

「キミはお父さんとお母さん、どっちが好き?」と返しています。

日本のファン、韓国のファン両方とも大事にしていることが見て取れ、誰も傷つかないような賢い回答ですよね。

 ②東方神起ユノの親日発言

f:id:ago10:20171211173150j:image

2012年10月6日に観光で放送されたバラエティー番組『DO DREAM』に出演した東方神起ユノですがその時の発言が話題となりました。

「記憶に残る瞬間は?」と聞かれたユノ。
その際ユノは「東京ドーム公演です。」と即答しました。

↓以下発言内容

ユノ:みなさんご存知でしょうが僕はあまり泣きません。以前僕自身に誓ったんです。一番うれしい時にしか泣かないと。でも二人でツアーをやり抜いて、何故か急に涙が溢れてきたんです。それを見たファンも一緒に泣いていました。
人生で二度と来ないような幸せな瞬間でした。

③東日本大震災時の対応

f:id:ago10:20171211173718j:image

東日本大震災が起きた直後、タイから帰る際の空港で、チャンミンは黒い服で、ユノは喪章をつけて気持ちを表してくれていました。
震災のためのチャリティーでも、韓国国民に募金を訴え、震災と何の関係も無いあちらの歌番組でもチャンミンが日本を案じる発言をしています。

また、韓国のサイン会で日本のファンにメッセージを書いてほしいという人に対し名前以外は書かないというルールになっていたのにも関わらず二人とも日本語で「日本がんばれ!」と書いていました。

f:id:ago10:20171211174245j:image f:id:ago10:20171211174253j:image

④反日ソングを歌うことを拒否

DREAM CONCERTというK-POPアーティストの合同ライブで「独島は我が領土」という歌の全員での斉唱があったのに対し、東方神起が「歌えない」と拒否したため、結局コンサートのエンディングでの斉唱自体がなくなったという出来事があります。

更には韓国の番組で、これから日本で活動する後輩たちに対して「出稼ぎと思って行かないでほしい。日本の文化を学んでほしい」と言ったという事実も。

⑤韓国のコンサートで日本語で歌う

日本以外の海外で開催された『TVXQ! LIVE WORLD TOUR “CATCH ME”』ではセットリストに、日本語の楽曲が入っていました。
日本では開催されなかったライブツアーなのに、日本語の楽曲が入っているところから2人の日本に対する気遣いが見て取れます。

東方神起は他のK-POP歌手と同列には語れない

東方神起の日本デビューは2005年。

K-POPブームが起きるよりずっと前から活動していました。

当時、既に韓国で絶大な人気があったものの日本では今のような韓国歌手を受け入れるような土壌はなくゼロからのスタート。

当初はたった100人程度の観客の前で歌っていたのだとか。


東方神起 My Destiny アカペラ

当初は拙かった日本語も必死に勉強し

f:id:ago10:20171211193630j:image

今やライブではオール日本語を使ってくれていますね。

そんなゼロからのスタートの中コツコツと努力を積み重ねた結果が今の東方神起なのです。

K-POPブームに乗っかってきたそこらのアイドルとは一線を画す存在です。

彼らはデビュー当初から日本のj-popとして日本に住みながら活動してきていますので近頃出てくる韓国人歌手と同様に民族で一括りにされ叩かれてしまうのは間違っているといえます。

民族で一括りにして批判するのはやめよう

韓国出身とわかった途端否が応でもアンチがつきやすくなってしまい「日本にくるな」だの「祖国に帰れ」だの言う人が多いですが

確かに韓国で反日教育が行われていることは事実ですし反日感情を持っている人も多いでしょう。

しかし全員が全員反日なわけでは決してありませんし今の時代、正しい歴史を知り客観的に判断できる韓国人も一定数存在します。

或いは最初は日本が嫌いでも実際に訪れてみてその印象が大きく変わるなんて事もめずらしくありません。

東方神起のおふたりももしかすると最初は反日感情があったのかもしれませんがデビュー12年という時を経ていく中で日本の印象が大きく変わっていったのかもしれません。

私は親韓でも嫌韓でもありませんが、これだけ日本を尊重している2人に対し、韓国人というだけで反日だろう!と決めつけバッシングするのはやはりおかしいことですよね。

少なくとも私は民族を一括りにして差別するような大人でありたくないと思いました。

(まぁ実際問題フジテレビの韓流ゴリ押しの頃はウザかったですから叩かれるのも仕方のないことなのかもしれませんね。ヨン様、東方神起、BoAらへんでやめておけば問題なかったかもしれませんね)

というわけで新規にファンになった方も何も心配することなく応援してみてもいいかもしれませんね!