DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは?その特徴・評判・魅力まとめ!メリット・デメリットは!?

仮想通貨
joh
皆さんこんばんはMIJINKOblogのjohです。

現在、日本の仮想通貨取引所においては「Coincheck」「Zaif」「bitFlyer」の3強のイメージが強く今後これに加えて「SBIバーチャルカレンシーズ」が最大手に加わると予想されていますが、実はこの他にも日本国内において「DMMビットコイン」や「GMOコイン」、「bitbank」など全部で20社以上もの取引所・販売所が存在しているのです。

取引所・販売所ごとにそれぞれ特徴があり、メリット・デメリットがあるので、複数の会社のアカウントを開設し、用途に応じて使い分けていくのが賢い選択でしょう。

今回ご紹介する「DMMビットコイン」にも他にはないメリット・デメリットを持っているのでいつでも使えるようにアカウントの開設だけはしておいたほうがベターかもしれません。

↓GMOコインについての記事はこちら↓

 

DMMビットコインとは

DMMビットコインは「取引所」ではなく「販売所」

GMOコインは仮想通貨の「取引所」ではなく「販売所」です。

仮想太郎
そもそも「取引所」と「販売所」の違いがわからんわボケ!

なんて方のために一応説明しておくと

「取引所」とは売りたい人と買いたい人が直接取引をする場所のことです。やりとりは「板」を使ってユーザー間で行われ、売りたいという人が注文を出し、売買で価格が一致する時に取引が成立する方式なため、必ずしも希望の金額で取引が成立するとは限らないという特徴があります。

それに対し「販売所」はユーザーと販売元の間で取引が行われる場所のことをいいます。販売所では数量さえ指定すれば販売元の提示価格で確実に取引が成立する方式になっています。しかし、その一方で取引所と比べて手数料が高く付き、割高になってしまうというデメリットもあります。

初心者のうちは「販売所」を使い、慣れてきたら「取引所」も使っていくというのが一般的な流れでしょうかね。

使い分けの仕方
•すぐに買いたいなら「販売所」を使おう
•安く買いたいなら「取引所」を使おう

運営元は日本の大手企業のDMM.comなので安心安全

【会社概要】

株式会社DMM.comはECサイト「DMM.com」を運営する日本の企業

設立:1999年11月17日

事業内容:

  • デジタルコンテンツ配信事業
  • オンラインゲーム事業
  • 通信販売事業
  • オンラインレンタル事業
  • インターネット接続事業
  • オンライン英会話事業
  • その他

資本金:1000万

売上高:単独712億1500万円、グループ全体1823億円

従業員数:グループ全体約3000名

DMMビットコインを運営しているDMM.comはゲームや成人向けコンテンツ、通信販売事業など幅広いジャンルのネット販売を手がけている日本の大手企業です。

きっと誰もが名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか(特に大人の男性なんかはお世話になっている人も多いのでは?w)

近頃は金融業にも進出しており、DMM.comの子会社であるDMM.com証券は現在日本でFX口座第一位であり国内トップクラスのシェアを誇ります。

コインチェックをはじめ世界中のあらゆる取引所でトラブルが続出している中、取引所の信頼性というものがユーザーにとって最も重要なポイントである今、ある程度安心して利用することのできる運営元であることは利用する取引所を決める中でとても大きな要素の一つですよね。

DMMビットコインを利用するメリット

アルトコインでもレバレッジ取引が可能!

DMMビットコイン最大の特徴はアルトコインのレバレッジ取引ができることです!

レバレッジ取引といえばビットコインでレバレッジ取引ができる取引所は数多くありましたが、アルトコインでレバレッジ取引ができる国内取引所はありませんでした。

しかし、DMMビットコインではビットコインに加えてイーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュの全7種類の通貨でレバレッジ取引をすることができます!

2018年2月現在、アルトコインでレバレッジ取引ができる唯一の国内取引所となっています。

口座開設で1,000円もらえる

2018年1月11日~2018年3月31日までの期間限定でDMMビットコイン新規口座開設申し込み後、30日以内に口座開設が完了されたユーザーに、もれなく1000円がプレゼントされるようです

口座開設完了後、1ヶ月以内にユーザーの口座へ反映されるとのこと。

無料で登録するだけで1000円が貰えちゃうのですから登録しなきゃ損ですよね!

注意事項

  • 本キャンペーンでのお申し込みはお1人様1回限りとなります。
  • DMM Bitcoin口座解約履歴のあるお客様はキャンペーンの対象となりません
  • キャッシュバック時に口座を解約していた場合、対象の資格を失いますのでご了承ください
  • 本キャンペーンは予告なく変更・終了・期間を延長する場合がございます。 

アプリが使いやすい

DMMビットコインではスマートフォン向けに取引アプリがリリースされています。

⇓注文画面もスプレッドが一目で分かって見やすい⇓

⇓各通貨の価格やスプレッドを一覧で分かりやすく見ることができる⇓

⇓チャートも簡単にチェック可能⇓

チャートを見ながらの「ワンタッチ」発注も可能。

コインチェックやGMOコイン、ビットフライヤーなど各取引所・販売所でアプリはリリースされていますが使い勝手がいい取引所は自然と利用したくなりますよね。

DMMビットコインのアプリはシンプルで見やすい上に必要な情報も的確に表示してくれるので非常に使い勝手がいいです。

様々な手数料が無料!

DMMビットコインでは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料となっています。

取引所によってはこの辺の手数料がやっかいになってくるところも多いので、日本円の入金や出金、取引手数料が無料なのは大変嬉しいサービスですね。

365日24時間体制の安心サポート

DMMビットコインでは24時間365日体制で問い合わせに対応しております。

また、LINEでの問い合わせにも対応しており、DMMビットコインに関するご意見・ご質問をLINE上でも受け付けています。

今日の仮想通貨バブルで学生や主婦の方をはじめとした投資ビギナーの方も多く参戦している中、わからないことや不明な点も数多くでてくると思います。

そんな状況で、いついかなるときにもサポートしてくれるDMMビットコインの体制はありがたいですよね。

DMMビットコインを利用するデメリット

現物銘柄がビットコインとイーサリアムの2種類しかない

DMMビットコインでは、現物取引ができる通貨はビットコインとイーサリアムのみになります。

コインチェックをはじめ、その他の日本の取引所・販売所と比較してもその数は圧倒的に少なく、少し物足りないのは否めませんね。

この辺は今後おそらく改善が見られるでしょうから期待しておきましょう。

「販売所」形式なためスプレッドが広い

DMMビットコインに限らずどこの販売所でも同じことですが、販売所で通貨を取引しようとするととにかくスプレッドがかなりきついです。。

特にDMMビットコインは他の販売所と比べてもスプレッドは広めな傾向があるので注意が必要です。

↑例えばXRPで見るとスプレッドは約12円。コインチェックは普段5円程度ですからかなり広めなことがわかりますね…

2018年2月25日時点での各通貨のスプレットがこちら↓

・ビットコイン 39000円

・イーサリアム 6800円

・ネム7円

・ライトコイン 1500円

※スプレットは固定ではないので変動します。

ロスカットが早い

DMM Bitcoinではレバレッジ取引で損をしても追加手数料が発生しない(追証なし)代わりにロスカットといわれる担保としている保証金の80%以下になると強制的に取引を終了します。

基本的にロスカットはスプレッドが広いほどおきやすくなりますし、DMMビットコインは同業他社と比べてロスカットされてしまう証拠金維持率のパーセンテージが高いので注意が必要です。(GMOコインは75%)

システムメンテナンスの時間が長い

DMMビットコインでは週に1回定期メンテナンスが行われ、この間はユーザーがサービスを利用することができなくなる状態となります。

そのメンテナンス時間が正午12:00~午後6時とかなり時間が長いため、ただでさえ値動きが激しい仮想通貨ですからその間の相場変動が気がかりとなります。

レバレッジ取引をしている際には、死活問題にもなり得るので注意が必要です。

DMMビットコインを利用するべき人とは?

以上のメリット・デメリットを踏まえたうえで、どのような人がDMMビットコインに登録するべきか考察すると

  • アルトコインのレバレッジ取引をしたいと考えている人
  • とにかく安心安全に利用したい人
  • 1000円欲しい人
  • チャートなどが見やすいアプリを探し求めていた人

このような方はぜひDMMビットコインに登録してみるのがいいかと思います。