公務員・銀行が副業解禁へ!?サラリーマンこそ副業をするべき理由とは!

まとめ
joh
皆さんこんばんはMIJINKOblogのjohです!

突然ですが皆さんは副業をしていますか?

おそらくこの記事を見ている多くの社会人の方々は会社の規則で禁止、規制されているのではないでしょうか。今日の日本ではまだまだ副業を禁止している会社の方が圧倒的に多く、副業というワードがあまり身近でない方も多いかと思います。

ところが、近年働き方改革の一環として政府が会社員の副業・兼業を推進する方針を打ち出すなど、急速に副業を解禁していく流れになりつつあるのです。

公務員が副業解禁に!?

まず大前提として、今日の日本では地方公務員・国家公務員の副業は法律で禁止されています。(地方公務員法38条・国家公務員法104条)

私企業からの隔離(国家公務員法第 103 条第1項)
職員は、営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員等の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

他の事業又は事務の関与制限(国家公務員法第 104 条)
内閣総理大臣及び所轄庁の長の許可がない限り兼業してはならない。

営利企業等の従事制限(地方公務員法 第38条)
1 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。
2 人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。
(1)他の仕事をすることで、肉体的や精神的に本業に集中できず、仕事に支障が出ることを防ぐため(職務専念)
(2)本業の秘密を、副業の際に利用、流出されないため(秘密保持)
(3)世間的にイメージの良くない副業につくことにより、勤務先の社会的な信用を損なわせないため(信用確保)」

このように税金で雇用されている立場でありながら兼業をすることは公務の遂行上問題があるという考えの元、公務員は長年副業が禁止されていましたが、先日神戸市が公務員の副業を解禁していく方針を進めるという驚きのニュースが飛び出しました。

公務員の〝副業解禁〟自治体にもジワリ 神戸市、奈良・生駒市で基準明確化 

昨年4月に神戸市が先陣を切り、職務外に報酬を得て地域活動に従事する際の基準を明確化したのです。5年以内に副業先との契約・補助に関する業務に就いていないことを条件に、報酬をともなった地域活動が容認される「地域貢献応援制度」が開始されました。

現状、公務員の副業は神戸市をはじめとしたごく一部でしか容認されていませんが、今後この波は更に広がっていくことが予想されています。

お堅いイメージの「銀行」までも副業容認へ

新生銀行は29日、従業員の副業や兼業を4月から解禁すると発表した。同行によると大手銀では初のケースという。外部の知見や経験を身に着けたいという従業員の要望に応じた。本業への活用が期待できるほか、柔軟な働き方を認めることで優秀な人材の獲得や流出防止につなげる。

新生銀行:従業員の副業解禁 大手初、働き方柔軟に

これまでは情報漏洩のリスクの観点から危険があるため全面禁止していましたが、今回の副業解禁により個人で事業を営むほか、親族の事業、他社の従業員として雇用されることなどが認められるといいます。
ただ競合他社への従事や深夜業務などは禁止としているようです。

お堅い業界である金融業界・銀行でさえも着実に副業解禁の波はおとずれていることがわかります。今後メガバンク等において副業が解禁されることがあれば、世の中はガラリと変わっていく雰囲気さえ感じます。

他にもユニ・チャームが4月に副業を解禁することを発表、ソフトバンクやコニカミノルタ、サイボウズ等の企業も副業・兼業を容認する動きが出ています。


副業をするべき理由

単刀直入に言うと、私はこれからの時代、サラリーマンは積極的に副業をしていくべきと考えています。

人口減少により消費が減少し、更には超高齢化社会の到来により税負担もこの先どんどん増えていくことが予想される今の世の中、、

「安定した会社に入社してしまえば一生安泰!」という考え方は既に通用しなくなりつつあり、これから先、自分自身で稼ぐ力を身につけていかないと10年後20年後に大きな差が開いている可能性さえ大いにあるのです。

また、リスクヘッジという意味合いでも副業は非常に重要な意味を持ちます。副業を始めることで収入源が「会社の給料」+「副業で稼いだお金」となるため、仮に急に会社が倒産してしまった!なんて場合にも、会社の給料のみに依存していた方と比べていきなり生活が詰むこともなく、冷静に対処していくことができます。

更には副業という別の収入源を確保することで仕事に対するストレスも劇的に減っていきます。
現在、会社員として仕事を楽しめている人はどのくらいいるでしょうか。
ブラック企業が社会問題となっている今日の労働環境において、仕事へのストレスを感じていない方のほうが少数派ではないかと思います。

しかし、どんなにストレスを感じていようとも会社から支払われる給料だけに依存していては、会社をやめてしまった場合生活に困窮してしまうため、そういった選択に踏み切ることは中々難しいかと思います。
いわば、どんなに苦しかろうと会社に必死にしがみついていかなければいけない状況になってしまいます。

ところが、もし、その会社以外に収入源があるとしたらどうでしょうか。

実際に会社をやめる・やめないに関わらず「いつでも会社を辞めることができる」という気持ちで働くことができるだけでも、非常に大きなアドバンテージになりますよね。

終身雇用制度が崩壊しつつ今日の日本、サラリーマンこそ自分の生活や家族を守るためにも副業を始めていくべきだと私は思います。