ブラック企業による新人研修内容の特徴とは!?洗脳行為に要注意!

まとめ
joh
皆さんこんばんはMIJINKOblogのjohです!

季節も春を迎え4月から新社会人として新生活を始めている方も多いかと思いますが、18卒の皆様いかがお過ごしでしょうか。

入社してからおよそ一週間、現状としてはそれぞれの場で「研修」を行い、社会人としてのいろはを叩き込まれている最中なのではないかと思いますが、そんな中で今まさにネット上で「ブラック企業の研修の特徴」が話題になっています。

ということで本記事においてそのようなブラック企業の研修の特徴をおおまかにまとめていきたいと思います。ぜひ今後の社会人生活への一つの判断基準として参考にしてみてはいかがでしょうか。

駅等での道行く人に対しての名刺交換の強制

春の風物詩でもあるフレッシュマンが新人研修の一環として行う道行く人に対しての名刺交換の頼み込み。

もし、このような行為を指示された場合にはブラック企業の可能性が高いと見て間違いないでしょう。

名刺交換を強制する企業は、どれだけ枚数を集めるかというノルマを新人に課したり、或いは新人同士で枚数の競争を煽り優劣をつけるなどすることが特徴として挙げられますが、ブラック企業としての本質はそこではありません。

このような研修をする本当の目的は会社側が新人が集めていた名刺をもとに個人情報を仕入れることにあります

つまりは、名刺交換に付き合ってくれた善良な市民に対して後日、執拗な営業電話をかけ強引な営業活動を行っているのです。

このような迷惑行為への警戒はネット上でも多く呼びかけられており

実際に被害にあわれている方も多く見受けられました。

このような会社はコンプライアンスに対する意識が低いことは容易に予想できますし、コンプライアンス意識が低いということは社員の待遇の悪さにも繋がっていきます。

絶叫で社訓を読ませるなど大声を出すことの強制

個人的に1番ヤバいと思ってるのが実はこれです。

勘違いしていただきたくないのがマナー研修等でよくある明るく元気に話すことを心がけた声を大きくした発生練習のようなことを指しているのではないということ。

これに関しては社会人としての当然のマナーであり、いつもより少し声を大きく出す研修というのは特段珍しいものではなく至極当然のことです。

ここで指している大声を出すことの矯正というのはまさに「絶叫」のこと。

中々イメージがつきにくいという方は下の動画を見ていただくとわかりやすいかと思います。

もしも研修でこのようなことを強制させられたならば、その会社は少なからずなにかと根性論や精神論を持ち出す古い体質なブラック企業の資質を持っていると思って間違いないでしょう。

そしてこういった会社は必ずと言っていいほど長時間労働を始めとした苦労を美徳と捉えているため、違法な残業がまかり通っている可能性がもれなく高いです。

人格否定、隔離、制限

薄給激務という環境のもとで奴隷の様に働かせるブラック企業では、ある種「洗脳」を行うことによって社員の思想をコントロールし、そのような劣悪な環境のもとで長期間働かせている節があります。

そのブラック企業がよく用いる「洗脳」の手口としてあげられるのが

  1. 否定や罵倒が繰り返される人格否定
  2. 衣食住の制限、山奥等の隔離された場所での研修
  3. 身体を衰弱させる

の3要素が挙げられます。

これらは心理学的に「人間を洗脳させる為の3要素」といわれており、このような行為が見受けられた場合にはブラック企業の可能性が非常に高いといえるでしょう。

4段階からなる、新人研修での洗脳方法
「新人研修にて、外界から隔離された場所へと連れて行く」(山奥にある研修施設など。他者との連絡手段や、別の価値観と触れる機会が失われると、洗脳にかかりやすくなる)↓
「新入社員に過酷な運動や精神的にキツい作業をさせることで、心身を徹底的に疲弊させる」(思考する余力を奪うことで、洗脳を施しやすい状態を作る)↓
「ひたすら人格否定を行って既存の価値観を破壊したり、企業の理念を繰り返し教え込むことで、洗脳作業を実行する」↓
「何らかの成功体験を新入社員へ与え、そのことを過度に褒め称えることで、新入社員は強く感動・感激して、これまでの苦行や企業理念もすっかり受け入れてしまう」

このような会社に入社してしまった場合、洗脳され消耗してしまう前に逃げ出すことが何よりも大切です。

その他のブラック研修

  • 新人に対する一発芸の強要
  • 研修期間が少ない、もしくはない。
  • 登山やマラソン、長距離歩かさられるなど
  • 携帯電話の没収

などなど。。

このような行為をする会社もブラックである確率が極めて高いので、警戒しておく必要があるでしょう。

最後に

ブラック企業の研修の特徴について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

こうした研修は社員を洗脳させるためにやっているようなもので、会社のために頑張らせるような精神を植え付ける目的がある場合が大半でしょう。

その会社よほど好きであるという場合を除いては、上記のような会社は避けたほうが良いでしょう。