グーグルマップとグーグル翻訳のオフライン機能が便利すぎた。使い方をご紹介!海外旅行におすすめアプリ

まとめ

joh
皆さんこんばんはMIJINKOblogのjohです!

待ちに待ったGWも近づき、海外旅行へと行かれる方も多いかと思いますが、そこで問題となってくるのが言語の問題やマップの問題ではないでしょうか。

外国語がペラペラだったりWi-Fiを持っていく人にとっては特段問題になることではないのですが、言葉に不安がある…という方やWi-Fiを借りるのはお金がかかるしもったいない!なんて思う方も少なくないかと思います。

しかし、そんな方に朗報です!

この言語とマップの問題を解決してくれる画期的な機能が世界のグーグルアプリに搭載されているのはご存知でしょうか。

知っている人も多いかと思いますが、それこそが今回するグーグルマップとグーグル翻訳のオフライン機能です。

これさえ使いこなせばもう海外旅行は怖くない!というわけで以下でそのオフライン機能の使い方を細かく説明していきたいと思います。

グーグルマップの便利なオフライン機能

グーグルマップではインターネット接続が遅い、モバイルデータ通信が高額になる、インターネットが利用できないといった状況に備えて、グーグルマップからスマートフォンやタブレットに地図を保存しておいて、オフラインで使用することができるのです。

注意

地域によっては契約上の制限や言語のサポート、住所の形式等の理由によりオフラインマップ機能を利用できないことがあります(日本も利用不可地域)。事前に確認したうえでご利用ください。 

オフラインマップの使い方

①iPhoneかiPadでグーグルマップのアプリを開く

②オンライン状態で場所を検索(例:ベトナム)

③サイドメニューからオフラインマップのアイコンをタップ

④オフラインマップのダウンロード「自分の地図」をタップ

⑤ダウンロードしたい地図範囲をピンチイン、ピンアウトで調整し選択しダウンロード
※範囲によってダウンロード容量が変わります

オフラインマップ使用上の諸注意

地図をダウンロードした後は、通常のオンライン状態と同じようにグーグルマップアプリを使用できます。インターネット接続が遅い場合や利用できない場合には、オフラインマップを使って経路が示されます。

注意

運転経路はオフラインで確認できますが、

  • 公共交通機関
  • 自転車
  • 徒歩

の経路は確認できません。また、運転経路には、交通状況、別の経路、車線案内は含まれません。有料道路やフェリーなどを使わないように経路を変更することもできない仕様となっています。 

また、目的のエリアの地図をダウンロードしたら半永久的にいつでもオフラインで使えるというわけではなく、ダウンロードした地図の保存期間は30日間となっています。

そのため、張り切りすぎて渡航の一ヶ月以上前にダウンロードしてしまった場合、いざ現地に着いて使用できない!なんて事件が起こり得るため十分ご注意ください。

オンライン上での使用に比べて機能性は落ちるものの、海外旅行先で自分の現在地や進んでいる方向がオフラインで確認できる有難さたるや。。。素晴らしいの一言に尽きます!ぜひ利用してみてください

グーグル翻訳の便利なオフライン機能

グーグル翻訳では、スマートフォンやタブレットに翻訳用の言語ファイルをダウンロードすることができ、言語をダウンロードすることによってオフライン環境下でも翻訳機能を利用することができるようになります。

注意

ダウンロードが遅くなったり、データ通信量が大きくなるのを防ぐため、Wi-Fi環境でダウンロードしましょう。 

オフライン翻訳の使い方

①アプリの設定ボタンからオフライン翻訳をタップ

②ダウンロードしたい言語を選択

約60種類もの言語をダウンロードすることができます

ダウンロードすることによりオフライン時でもいつでも翻訳機能を使うことができるようになります。

カメラによるリアルタイム翻訳機能にも対応

言語をダウンロードすることによって、カメラをかざして翻訳する「リアルタイム翻訳機能」もオフラインで使用することができます。

注意

リアルタイム翻訳機能は英語や中国語等の一部の主要言語にしか対応していません。

また、小さい文字のテキスト、暗くて不鮮明なテキスト、図案化された書体のテキストなどは正確に翻訳されないことがあるのでご注意ください。 

↓実際にオフライン状況下でリアルタイム翻訳を使ってみました

リアルタイム翻訳を使用した上で正直な感想を申し上げますと、簡単な文や単語は問題なく翻訳することができましたが、複雑な文や長文等の翻訳の際にはデタラメな文章になるなどまだまだ精度には課題が残る様子。

この辺りは今後のグーグル神の精度の向上に期待しましょう(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

海外旅行する上でこれまで土地感覚と言語というのは最も大きな障壁でしたから、このオフライン機能の活用により今までよりもより気軽に海外旅行へと出かけることができるようになるのではないでしょうか。

これさえあれば、もうWi-Fiレンタルなんてしなくても十分行きていけますね!

今後の両アプリの機能性の拡大と精度の向上に注目ですね!

閲覧ありがとうございました。