bitbank(ビットバンク)とは?特徴・評判・メリットまとめ。リップル買うならビットバンク!

仮想通貨
joh
皆さんこんばんはMIJONKOblogのjohです。

現在、日本の仮想通貨取引所においては「Coincheck」「Zaif」「bitFlyer」の3強のイメージが強く今後これに加えて「SBIバーチャルカレンシーズ」が最大手に加わると予想されていますが、実はこの他にも日本国内において「DMMビットコイン」や「GMOコイン」、「bitbank」など全部で20社以上もの取引所・販売所が存在しているのです。

取引所・販売所ごとにそれぞれ特徴があり、メリット・デメリットがあるので、複数の会社のアカウントを開設し、用途に応じて使い分けていくのが賢い選択でしょう。

今回ご紹介する「bitbank」にも他にはないメリット・デメリットを持っているのでいつでも使えるようにアカウントの開設だけはしておいたほうがベターかもしれません。

↓GMOコイン・DMMビットコインについての記事はこちら↓

bitbankの特徴

bitbankは「販売所」ではなく「取引所」

bitbankは仮想通貨の「販売所」ではなく「取引所」です。

仮想太郎
そもそも「取引所」と「販売所」の違いがわからんわボケ!

なんて方のために一応説明しておくと

「取引所」とは売りたい人と買いたい人が直接取引をする場所のことです。やりとりは「板」を使ってユーザー間で行われ、売りたいという人が注文を出し、売買で価格が一致する時に取引が成立する方式なため、必ずしも希望の金額で取引が成立するとは限らないという特徴があります。

それに対し「販売所」はユーザーと販売元の間で取引が行われる場所のことをいいます。販売所では数量さえ指定すれば販売元の提示価格で確実に取引が成立する方式になっています。しかし、その一方で取引所と比べて手数料が高く付き、割高になってしまうというデメリットもあります。

初心者のうちは「販売所」を使い、慣れてきたら「取引所」も使っていくというのが一般的な流れでしょうかね。

使い分けの仕方
•すぐに買いたいなら「販売所」を使おう
•安く買いたいなら「取引所」を使おう

bitbankとは

ビットバンク株式会社

  • 資本金 11億3,100万円(資本準備金含む)
  • 設立年月日 2014年5月

ビットバンクは2014年5月に設立した仮想通貨の取引所です。仮想通貨取引所大手のコインチェックの資本金が9,200万円ですから一概に比較はできませんが比較的体力のある会社といえるでしょう。

また、ビットバンクでは現物取引のできる取引所をbitbank.cc、先物取引の取引所をbitbank Tradeにとそれぞれ分けてサービスを展開しています。

また、ビットバンク株式会社は国内最大のビットコインニュースメディア「BTCN」を運営しており、情報発信にも力を入れたサービス展開を行っています。

bitbankを利用するメリット

取引所形式なため、手数料が安く抑えられる

先日の記事で書いたGMOコインやDMMビットコインの販売所形式とは異なり、

GMOコインの評判、メリット・デメリットまとめ。セキュリティや手数料は?買い規制に売り規制!?

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴・評判・魅力まとめ!メリット・デメリットは!?

ビットバンクでは全てのアルトコインで「板取引」を使った手数料が安い取引が可能です!

取引所では自分で値段を指定して売買する「指値取引」もできるので、チャートとずっとにらめっこしてる必要もなく、自分の納得する値段で購入することができます。

※裏を返せば初心者にとっては利用するにあたってすこしハードルが高い側面もあります。

全通貨の売買取引手数料無料キャンペーン中!!

ビットバンクでは、仮想通貨交換業登録記念キャンペーンとして、2018年6月30日まで全ての通貨の購入・売買手数料が無料で利用できます。

多くの人が利用しているコインチェック等の販売所ですと取引手数料がバカにならないですからね。取引をする会社によっては手数料だけで3~5%くらいとられてしまうのも珍しくないので手数料0%は相当お得です!

この手数料面での強みがビットバンクを利用する最大のメリットといっても過言ではありません。

セキュリティ対策がしっかりしていて安心して利用できる

先日のコインチェックのハッキング騒動は記憶に新しいかと思いますが

流出額580億! 前代未聞のハッキング被害「コインチェック事件」まとめ

コインチェックに限らず仮想通貨はインターネット上のデータであるが故に常にハッキングのリスクと隣り合わせといえます。

そんな常にリスクのある仮想通貨だからこそ、取引所のセキュリティ対策というものがユーザーにとって最重要視するポイントになってきていると思います。先日のコインチェックの件では、事件後次々にその杜撰な管理体制が露わとなりましたが(ホットウォレットで管理していたことやマルチシグを設定していなかったことなど)、その点このbitbankはセキュリティ対策も徹底しており、安心して利用することができます。

マルチシグとは

仮想通貨の送信に複数の承認が必要な仕組みのこと 

bitbankでは、仮想通貨の管理に際してマルチシグによるホットウォレットとコールドウォレットの管理体制を構築しています。

bitbankのコールドウォレットは、完全なオフライン環境によるマルチシグで管理されています。コールドウォレットは外部のネットワークからは完全に隔離されており、通貨を移動させるためには隔離環境で複数人が別々に電子署名をする必要があります。

また、bitbankでは仮想通貨の利便性を損なわないためにもホットウォレットも採用しています。ホットウォレットはコールドウォレットに比べリスクが上がりますが、bitbankではビットコインセキュリティ専門企業のBitGoと提携し、秘密鍵を物理的、仮想的に分散させた形でbitbank、BitGoの2社による電子署名を行うことで、ユーザーが安心してサービスを利用できる環境を作りだしています。

補足

  •  ホットウォレット=オンライン状態の財布
  • コールドウォレット=オフライン状態の財布

bitbankでは全てのコインがコールドウォレットに対応しており、管理が徹底されています

↑マルチシグの適用状況は上の通り

多彩なチャートツール

bitbankではチャートツールに100種類以上のテクニカル分析が使える「TradingView」を採用しています。

チャートは多機能ですが、取引画面はすっきりとした印象の構成になっていて比較的扱いやすい作りになっています。

少し上級者向けにはなりますが、チャートの分析機能の多さ・見やすさという点だけでも、口座開設するメリットはあるでしょう。