4°Cを誕生日・クリスマスプレゼントにあげるのはNG!?何故4°Cはダサいと言われてしまうのか

ファッション
joh
皆さんこんばんはMIJINKOblogのjohです!

毎年、クリスマスシーズンになるとメルカリやヤフオクに「未使用クリスマスプレゼント」が大量出品されるのは毎年の風物詩ですが、その中でも特に売られているプレゼントに名前が挙がるのがジュエリーブランド「4°C」なのです。

4°Cといえば、10代から20代にかけて人気のあるブランドですが、一方でアンチも多く、ネット上には「ダサい」「プレゼントに貰っても嬉しくない」「4°Cだけはいらない」などと言われたい放題なブランドの1つでもあります。

特にSNSを見てると20代中盤以上の方からの評判がイマイチな様子…

では何故4°Cはオトナの女性から人気がないのでしょうか。

①ハートモチーフの物が多く人を選ぶため

4°Cの主力商品といえば下のようなオープンハートモチーフのネックレス。

我々男性陣から見ると女性にはハートをあげておけば間違いないと思ってしまいがちですが、実は「子供っぽい」「私はそういうタイプじゃない…」といった理由でハートを敬遠する女性の方もかなり多くいらっしゃいます。

その男女の認識の違いがこういった悲劇を生んでいるのではないでしょうか。

また、オープンハートと言えばTiffanyのイメージが強く、90年代に流行したイメージがあるため、「ティファニーよりお手軽なオープンハート」「流行遅れ」といった考えを持つ女性も一定数いるのでしょう。


②学生のイメージが強すぎる

4°Cというブランド自体には何の落ち度もありませんが、4°Cというとどうしても「学生」というイメージが強いですよね。

特に高校から大学生にかけてのカップルのプレゼントとして大人気なため、社会人の女性にとってみたら「今更4°Cなんか貰っても…」と思ってしまうのでしょう。

③値段の振り幅が大きく世間的には安いイメージなため

4°Cというと安価なものだと1万円代から

高価なものですと10万円を超えるものまで

様々な価格帯の商品が取り揃えられています。

従って4°C=安物というわけでは決してないのですが、どうやら世間的には4°C=安物のイメージがついているようなのです。

これは高校、大学時代に1〜2万円程の4°Cのアクセサリーをプレゼントする方が多いためこのようなイメージがついてしまっているのでしょう。

そんなイメージがついてしまっている中で、プレゼントの金額=愛の大きさという考えを持っている女性の方からしてみれば自分を安く見られている気がして貰ってもあまり嬉しくないのではないでしょうか。

④みんながそう言ってるから

実は一番大きな要因はこれなのではないかと思っています。

4°Cのことをダサいと言っている人達の中で果たしてどれだけの人が実際に商品を手に取って見たことがあるのでしょうか。

きっと、よく知らないけどネットで叩かれてるからとか皆がそう言ってるからなんて理由でダサいというイメージを植え付けられている人が大半なのではないでしょうか。

例えばティファニーのオープンハートネックレス。

ネット上では散々ダサいだのなんだのと叩かれておりましたが、ドラマで武井咲ちゃんがつけていたと分かった途端、これまでの酷評が嘘のように皆手のひら返しでやっぱりオープンハート可愛い!といった風潮になっていきました。

要は、ダサいかイケてるかの判断を他人に任せている人が多すぎるということです。

これはアクセサリーだけでなく何事においてもそうですが、人の意見に惑わされず自分の考えを貫くことも大切ですよね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

これまで散々4°Cが敬遠される理由を書いてきましたが、結局多くの女性は男性が自分のために一生懸命選んでくれたという事実自体が嬉しいものですよ。

一生懸命考えたプレゼントを否定してくる女性なんてこっちからお断りだ!くらいの考えでプレゼント選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。