ヤンキー・DQNの結婚出産が早い理由5選

まとめ
joh
皆さんこんばんはMIJINKOblogのjohです!

世の中には学生の頃から勉強を疎かにし、毎日遊んでばかりで不良な行動をしたり他人に迷惑をかけている或いは犯罪に手を染めてしまうDQNやヤンキーと言われる人が一定数存在します。

この記事を読んでいる方の中にもDQNに不快な思いをさせられた経験のある方も多いのではないでしょうか。

そんなお騒がせヤンキー達ですが、ふと思ったのですが、彼ら・彼女らって異様に結婚・出産が早くないですか!?

一般にヤンキーというと中卒・高卒で社会に出る方が多いのですが、そのような経歴で就ける職業は低収入であることが多いです。

にも関わらず彼らは20代序盤、下手すると10代には皆結婚してしまい、子どもも3人4人平気で産んだりしています。

どこにそんなお金があるのか甚だ疑問ではありますが、とにもかくにもヤンキーは結婚が早い傾向にあります。

今の日本の平均初婚年齢が29歳と言われている中、一体なぜ彼らはそんなにも早く結婚・出産していくのでしょうか。

その理由を解説していきたいと思います。

ヤンキーの結婚・出産が早い理由

①後先考えず本能の赴くままに行動するから

ヤンキーの辞書には「計画性」なんて言葉はありません。

学生時代にまともに勉強もせず、遊びまわっているのは将来のことなど微塵も考えておらず、今が楽しければそれでいいという思考だからでしょう。

だから人生においても今が楽しければそれでいいのです。結婚し、子どもを産むことによって生じる金銭的・精神的負担など考えてるわけがありません。

本能の赴くままに恋人ができて結婚したいから結婚する。ただそれだけなのです。

また、ヤンキーにとって「避妊」というものはかなり難易度の高い行為なので、結果避妊もろくにせず性行為を行い、その結果避妊をしないのだから当然子どもが出来てしまいます。そして、子どもができたからには責任を取る。こういった流れでできちゃった婚するヤンキーは非常に多いです。(体感的に半分程度)

総括して無計画なために結婚も早いのでしょう。


②親もヤンキーな子が多いから

不思議なことにヤンキーの親もヤンキーであることが多いです。

子の頭の良さと親の年収は比例するなんて話は有名ですが
東大生の親の6割以上は年収950万円以上

まぁ簡単に言えばそれの逆バージョンですね。

故に親も結婚が早いケースが多いため、早くに結婚することに抵抗がない、むしろそれが普通くらいの感覚の人が多いのもヤンキーの結婚が早い一因だと言えます。

また、ヤンキー親の元で育った子は、家庭環境があまりよくなかった子も多いため、早くに家を出て自立したいと思うケースも多いです。

③普通の人よりも社会に出るのが早く稼げるようになるから

一般的にヤンキーというと中卒・高卒で社会に出られる方が多いです。

一方で、日本の大学進学率は50%を超えており他にも専門学校等に進学する方も沢山います。そういった進学組と比べると中卒であれば大卒に比べて7年、高卒であれば4年早く社会に出ることになります。

つまり、多くの人が学生の時には、ヤンキーはすでに職に就いており、ある程度まとまった収入があり自分で生活していけるようになるのが普通の人より早いのです。

そのため自ずと結婚する余裕も生まれるので結婚する人が多いのでしょう。とはいえ、将来的に見ると中卒・高卒の場合ですと収入面で苦しい生活を強いられるケースも多いのですが…

④仲間意識が強い

ヤンキーはやたらと仲間を大事にします。

仲間といる時間が多いからこそ、普通の人よりも仲間意識だけはかなり強く、恋人も大事にする傾向にあります。

↑このような「彼女いるから女絡みいらん」みたいなプロフィールの人見たことありませんか??

結果的にヤンキー同士、お互いに意気投合しやすく、お互いを大事にするので自分にはその人しかいないと決断するのが早くなり、結婚する時期も早まるのではないでしょうか。

(まぁその愛情も長くは続かず離婚してシングルマザーになる方も非常に多いのですが…)

⑤出会いが多い

ヤンキーは群れで行動するのが大好きなのでヤンキー同士の横の繋がりはとてつもないです。

ヤンキー同士つるんでいるうちに横の繋がりもどんどん広がっていき、自然と異性の知り合いも増えていくので、そのまま結婚したり子供を作ってしまうこともあります。

同年代が進学する中、ヤンキー達はそういった煩わしいことが何もないので結婚に踏み切るのも早いのだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまでヤンキーの結婚や出産が早い理由を解説してきましたが、要するに同年代の若者とはまるで違う生活をしている彼らだからこそ、進学や就職に悩まされることなく、本能の赴くままに結婚に向かって突き進むことができるのだと思います。

私はこういった生き方を否定する気は毛頭なく、他人に迷惑さえかけなければ当人の思うように生きればいいと考えていますが、まぁ今の日本の現状を見るにある意味こういった生き方をしている若者の方が人生を楽しんでいるのかもしれませんね(汗)