【スーパーコピー 】金持ちアピールは嘘!?金持ちを演出する5つの方法。情報商材に騙されるな!【ネットビジネス】

まとめ

 

joh
皆さんこんばんはMIJINKOblogのjohです!

突然ですが、皆さんの周りには「ブランド品ばかり持っていて良い車にも乗っていてお金持ちで羨ましい…」と思わず羨んでしまうような人はいらっしゃいませんか?

SNS等のネットの発達により、昔なら垣間見ることさえなかったお金持ち達のセレブっぷりをネットやSNSを通して誰でも簡単に見ることのできてしまう、見せつけられてしまう世の中ですが、もしかしたらもしかするとその中には偽物のお金持ちが混ざっているかもしれません。

というのも、実は表面上お金持ちを演じるだけなら比較的簡単に誰でも演じることができてしまうのです。勿論、あくまで表面上なので深く付き合うとバレてしまいますが、SNS上やリアルでの浅い付き合いの場合には、まずバレることがありません。

では、どのようにしてお金持ちを演じるのか。

最近では情報商材やネットビジネスの勧誘も蔓延しており、騙されてしまう人もとても多いので今回の記事を読んで知識として頭の片隅に置いておくと良いかと思います。

お金持ちの演じ方

①高級車レンタル

例えば、高級車の代名詞である「ポルシェ」

こちらをレンタルすると6時間で35,000円程。大衆車のレンタルに比べれば段違いに高いですが、見栄っ張りや自己顕示欲の塊である人間からすればお安いもんです。

レンタカーは「わ」ナンバーですからナンバーだけ隠して、後はあたかも自分の物かのように写真をとってSNSにあげるだけでお金持ちを装うことができます。

【レンタルギーニ】インスタで金持ち自慢していた男性、ランボルギーニがレンタカーとバレてしまい炎上 そして・・・



②ブランド品レンタル

かなりの頻度でブランド物を取っ替え引っ替え、羽振りが良くて羨ましいな〜と思っているあの人。果たしてそのブランド物は本当に購入品なのでしょうか。

というのも実は今、ブランド品を月額定額制でレンタルすることのできるサービスが存在するのです。

ラクサスとは
月額6800円(税別)で、バッグが無制限で使い放題!(無期限・個数無制限)
憧れの新作バッグが、いつまでも、何個でも使えるサービスです。

<安心>
(1) キズ保険付きなので安心してお使いいただけます(通常使用上のキズ)
(2) バッグはすべて鑑定済!専門鑑定士により鑑定済みなので安心してお使いいただけます

月々6800円支払うだけでエルメスやらルイヴィトンやらシャネルやらの高級ブランドバッグを使うことができるのですから身なりをお金持ち風に見せるのは非常に簡単なことなのです。

それが購入品なのかレンタル品なのか他人にはわかりようがありませんからね。

③札束レンタル

皆さんもネットビジネスのアカウントなんかで札束ドーンのツイートを見たことはりませんか?

全員がこの手法を使っているとは言いませんが、実はこのような札束はレンタルすることができますし、情報商材の世界ではその仲間内で同じ札束を回してお金持ちを演出することはザラにあります。

もしくは模擬紙幣をレンタルして一番上だけ本物の一万円札を差し込むだけでもリアル感のあるお金持ちを演出することができますね。

実際、SNSなんかでは「凄そう」って話題性でバズれば今の世の中一攫千金狙えるので、札束の写真をアップするために札束レンタルするビジネスがあるわけです。要はお金でお金を生み出すビジネスモデルですね。

不覚にも賢いと感心してしまいますが、それで騙されている人も大勢いるので気をつける必要があります。

④ネットビジネスの仲間内で回す

こちらは情報商材グループなんかでよく使われる典型的な方法です。

具体的には上で述べた札束を始めとし、高級車、マンション、ブランド品等を仲間内でシェアして皆がお金持ちを装えるようにする仕組みです。

例え本当はお金持ちではなかったとしても、お金持ちに見せかけて「簡単に儲かる方法教えます」とでも言っておけば、言葉に説得力がつき、人を信じさせる材料になりますし人に興味を持たせやすくなります。

ところが、情報商材の本質は上の4コマの通りです。世の中に甘い話はないということですね…

⑤ブランドのスーパーコピー品

昔のコピー品というと粗悪な作りでバレバレな物が多かったですが、今のスーパーコピー品はかなりの進化を遂げていて素人目にはほぼ判別つかないどころか、最近ではプロの鑑定士でも見分けがつきにくい物まである程なのです。

2.3万円も出せば高級ブランド品ほぼ同然のスーパーコピーが買えるのですからお金持ちを装うのも簡単です。

全身スーパーコピーで固めてしまえば、身なりは成金同然です。

逆に言えばメルカリ等でブランド品を購入する場合にはそれが本物であるかどうか注意を払う必要があります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

思った以上に誰でも簡単にお金持ちを演出することができることがよくわかりますよね。

情報商材はもちろんのこと、あなたの周りのお金持ちっぽい人もこのような手段を使ってお金持ちを演出しているに過ぎないかもしれません。

要は他人と自分を比較するのは無意味だということです。

他人を羨むのではなく、今の自分が理想に近づくためにはどうすればいいかを第一に考えることで人生は良い方向に向かっていきますかもしれませんね!