【飲み会】終電逃すまで飲んでタクシーで帰るなんてもったいない!飲み会で早く帰る口実・理由まとめ

まとめ
joh
皆さんこんばんはMIJINKOblogのjohです!

気の合う仲間との飲み会は楽しいものですが、帰りが遅くなるのは困りものですよね。

学生時代の気の知れた仲間との飲み会ならまだしも、職場や仕事関係の人との飲み会の際には中々「帰る」と言い出せず、ついつい遅くまで付き合わされてしまった経験がある人も多いはず。

時には終電を逃してしまうほど長引く飲み会も。。

しかし、冷静に考えて終電逃うほど飲むって馬鹿すぎると思いませんか?

終電を逃して飲むのが馬鹿すぎる理由

①余計な出費がかかる

終電を逃すとこの世で一番無駄な出費をすることになります。

普段は定期の帰り道をわざわざ数千、数万円かけてタクシーで帰ったり、ホテルに泊まったり…

実際に終電を逃した時にタクシーを利用する方は実に6割。また、タクシーを使わない人でも漫画喫茶やホテルで過ごす等いずれにしても余計な出費がかかってしまいます。

Q.終電を逃した場合、どこで時間を潰しますか?

1位 マンガ喫茶 38.5%
2位 カプセルホテル 29.3%
3位 スーパー銭湯 23.4%
4位 カラオケ 21.0%
5位 始発まで飲み続ける 15.1%

飲み会で終電を逃したらどうしてる?

サラリーマンのお小遣いの平均は、20代で4万円、30代で3万6千円程。

世のサラリーマンはこの金額の中で毎月やりくりをしているのですが、そんな中で終電後の2次会、3次会およびタクシー費用はかなりの手痛い出費といえます。

価値観は人それぞれですが、際限なく飲み続けるよりそのお金を他のことに使う方がよっぽど有意義ではないでしょうか。


②翌日に支障がでる

休みの前であれば問題はありませんが、平日に遅くまで飲むと翌日の仕事に支障がでてしまいますよね。

デスクワークであれば1日中眠気で捗らないでしょうし、営業であれば頭が働かずお客さんとの商談に支障がでるかもしれません。

また、休み前の金曜日であっても終電を逃してまで飲むことで、二日酔いで貴重な休日を寝て過ごすことにもなりかねませんし、既婚者の方であれば奥さんや子どもの反感を買うかもしれません。

ちなみに私は理想は22時、遅くとも23時までには解散して明日に備えるのが理想です。

その他にも

  • 太る
  • 肌が荒れる

等、遅くまで飲むデメリットはたくさんあるのです。

飲み会でお先に失礼する方法

そうは言っても途中で帰ろうとすると「え〜もう帰るの?」なんて半ば無理やり引き止めてきたり、ノリ悪いヤツみたいな雰囲気をだしてくる面倒臭い奴が一人はいますよね。

そのせいで断りきれず、嫌々ながらも付き合わされてしまう方も多いのではないでしょうか。そんな時、スマートにお先に失礼する方法をまとめてみました。

①体調不良を装い帰る

さすがに体調が悪い人に遅くまで付き合わせようとする鬼畜な人はなかなかいないはずです。

これをうまく利用して飲み会の日に体調不良を装うと、比較的一次会で帰りやすくなります。当日だと怪しまれる可能性もありますのでなるべく前日、できれば2日前からマスク等で体調がすぐれないことをアピールするとより自然にみえます。

とはいえこの手法は毎回は使えないので、ここぞという時に使うと良いでしょう。

②あらかじめ伝えておく

だらだらと飲み続けず、早めに退散したい時にはあらかじめその日は早く帰ることを伝えておくとスムーズに帰宅することができます。

例えば

  • 予定がある
  • ペットの世話がある
  • 門限がある
  • 翌日の朝が早い

など。先に伝えておくことでリアルさが増すので「それなら仕方ないね」と帰してくれる人がほとんどなはずです。

③奥の席には座らない

早く帰りたいとわかっている飲み会であれば、席に着く段階から勝負は始まっています。

あらかじめ手前の席を確保しておくことで2次会に参加することになっても、途中で理由をつけて抜けやすくなります。

さらに言えば、カバン預かるよ〜と言われても絶対に預けず荷物は自分の近くにまとめておくと良いでしょう。

④電話するふりをする

フェイク着信アプリなんかを使えば、いかにも誰かから電話がきた風を装うことができますので電話をする演技をして、急用ができたフリをして帰るのも1つの手ですね。

⑤一次会が終わった時点で泥酔したフリをしてさりげなく帰る

一次会が終わった時点でかなり酔っ払っているフリをして「ちょっとトイレにいってくる」なんて言いながらさりげなくフェードアウトしてしまうのもひとつです。

もし、次の朝ツッコまれても「泥酔していて何も覚えていない」とシラを切ってしまえば、もうそれで話は終わりなはず。

あくまでも帰ったのは自分の意思ではないということをアピールできるので、慎重にタイミングを見計らって使うことでかなり有効な手になるでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

究極、早く帰りたければ「早く帰るキャラ」を定着させるのが一番いい手段かもしれません。不良がたまにいいことをすると普段から真面目な人より好感度が上がるように、飲み会で早く帰るキャラを定着できれば、たまに遅くまで飲むのに付き合った時にはいつも付き合っている人より喜ばれるでしょう。

逆に付き合い良いキャラでいるとたまに断った時には「いつもよりノリわりい」とマイナス評価になってしまうことも。

ぜひ、早く帰りたいけど帰りづらいと思ったことがある方は、これらの方法を用いてみてはいいかがでしょうか。

最後に周りの人は遅くまでの飲み会をどう考えているのか。いくつか印象的なのを載せさせて頂きます。

そういうのが嫌だから自然と家が近所の友人が飲み友達になった。

しか終電逃しても歩いて帰れるようなところでしか飲まない。

最近では匍匐前進しか帰れるところで飲むのが鉄板

お酒は好きだが、22時以降の飲みはもう本当にカンベンだなぁ。

21時くらいに2次会まで済ませて後は帰るか、一人でバーにいきたい。

友達と一緒に飲んでいる時間と、その余韻を楽しむ時間が両方必要だとわかった。

そういう奴は結構いると思うんだが、「あいつ付き合い悪くね?」っていう同調圧力に屈さざるを得ないんだろうな。

いい大人なんだから自分の帰りたいときに帰れよ。それで呼ばれなくなるならそれもアリだろう。おまえの人生だぞ。よく考えたほうがいい

もちろん長くいたい飲み会もあるけど、ちょっと寂しさ残す感じで終わるくらいが大抵は気持ち良く帰れるよね

https://anond.hatelabo.jp/20170329121702